口コミで安い!使えると評判の脱毛器の価格はいくら?

家庭用脱毛器の2大人気機種はフラッシュ脱毛器の「ケノン」とレーザー脱毛器の「トリア」です。
しかし、「ケノン」の本体価格は安くても7万円台、「トリア」も価格が下がったとはいえ
5万円台ですから、どちらも安いとは言いかねます。

 

効果があって安い脱毛器なら!

脱毛器としてある程度の効果が期待できるのはフラッシュ脱毛器かレーザー脱毛器に
なりますから、効果があって一番安い脱毛器を選ぶとしたら、やはり本体価格が安い
「センスエピ」になります。

 

「センスエピ」の本体価格は30,000円前後。
安いショップでは30,000円でおつりがくる価格設定になっています。
他のフラッシュ脱毛器、例えば「ケノン」と比べると半値以下、「ラヴィ」と比べても
20,000円くらい安く手に入れられますから、この価格の安さが「センスエピ」一番の強みと
言ってよいでしょう。

 

センスエピは安全

もちろん、フラッシュ脱毛器としての脱毛力は「センスエピ」にもあります。
「ケノン」と比べると照射面の大きさで劣りますが、レーザー脱毛器と比べれば一度に
広い範囲の照射ができるため、スピーディーな脱毛が可能です。
しかも、肌色の濃淡を自動的にチェックして、適さないときには光を照射しない
「肌色センサー」を家庭用の脱毛器として初めて搭載しました。

 

フラッシュ脱毛器は黒い色に反応して光を照射するため、ほくろやシミ、過度の日焼けにも
光が反応してしまう危険性があります。それに対するセーフティー機能が搭載されているのは、
「センスエピ」の大きな安心点と言えます。

 

センスエピのデメリットは?

しかし、欠点もあります。照射面自体の大きさに比べて、ハンドピースのサイズがむだに大きく、
細かい部分には使いにくいという声は口コミでも多く聞かれる話です。
また、カートリッジの照射可能回数が750回と極端に少ないのは大きなマイナスです。

 

ケノンの50000回とは2ケタも違うため、せっかく本体が安いのにコストパフォーマンスが悪く、
全身に使うとなると難ありと言わざるを得ません。
とは言え、やはり本体価格が安いというのは、脱毛器自体を使ってみるかどうか迷っている人には
魅力です。いきなり高い価格設定の家庭用脱毛器を購入するのは勇気が要りますから、
初めて手にする脱毛器として「センスエピ」を選んでいる人が多いようです。